ネットビジネスの「本物」と「偽物」とは?

ネットビジネスの「本物」と「偽物」とは?

 

 





WS000000

 

 

まず最初にお詫び申し上げます。

折角、沢山有りますサイトからご訪問して頂き感謝申し上げます。

 

あなたは、「稼ぐ」その情報を知りたくて、

このサイトにご訪問されたと思います。

 

私は過去に稼ぎたい一心で情報商材を手当たり次第買い求めました。

買い求めたでは無く、買いあさったと言うべきかもしれません。

 

沢山の「詐欺商材」や「簡単に稼げます!」「ほったらかしで月100万円稼げます!」

こんな見出しでを信じて商材を購入いたしました。

 

犬も食わない糞、すいません、そんな騙しの商材を購入して、

どれだけ時間の無駄、お金の無駄をしたかは分かりません。

 

ですから、あなたにだけはわたしと同じ思いをして欲しくはありません。

 

私は宝石業界は長いです。

宝石業界は「信用第一」なんです!

 

今、ここでこの商材が良いですよ。と、ご紹介しても

まず貴方は私との信頼関係はありません。

 

私と貴方との信頼関係が出来た時より

私が稼がせて頂いた方法をお知らせします。

 

おそらく、30記事位の雑談にお付き合いして頂いた頃

貴方に本当に私が「アフィリエイト」で稼いだ方法を

お伝えいたします。

 

しょうもないサイトかもしれません。

しかし、私はあなたとの「信頼」の絆作りが先決と思います。

 

 

宝石「鑑別」と「鑑定」の違いは情報商材の真偽に似ています!

 

 





 

宝石を購入しますと、「鑑別書」「鑑定書」「保証書」がお店によりますが、

希望により商品に付けてくれます。

 

失礼ですが、あなたはその違いをご存知でしょうか?

 

 一般的には、「鑑別」と「鑑定」は、ほとんど同じ意味で

使われています。

 

どちらも「刀剣や骨董、絵画のみききをする」とか

「真偽や良否を見定めること」と辞書には有りますが、

わたしたちの宝石業界では、これを厳密に区分しています。

 

宝石業界では「鑑別」を、その石が天然に産出された宝石

なのか、人工的な偽物なのかを科学的に検査判定します。

 

「鑑定」とは、おもにダイヤモンドですが、「鑑別」した

ダイヤモンドを国際的な評価基準で品質上の評価を与えます。

グレードにより取引価格に大きく影響致します。

 

情報取材も「詐欺商材」が多い?


 

宝石はわたしたちプロでも騙されやすいのです(笑い)

 

そんな”危険性の高い”商品ですから、安心と信頼の裏付けと

して、売り手にも買い手にも属さない第三者の立場から

専門家(鑑定士)が認定を行い、証明書を発行します。

 

最近、公平な立場の鑑定機関が、ダイヤモンドの品質を詐称して

宝石業界から追放され、倒産しました。

それだけ、厳格な基準で商品が守られています。ご安心下さい。

 

おこがましいですが、あなたに対しての私の立場です!!


 

「保証書」は、その商品を販売店が保証すると言うだけの

販売店発行の証書です。

保証書が付いているから良品とは限りません。

ネットビジネスも「本物」と「偽物」の見分けが必要です。

 

世の中、苦労もせずに簡単に儲かるものはありません!

「無料」と言われる商材は必ず、メルマガが何回か届いた後に

締切りを匂わせて、商材購入や「高額塾」の勧誘をします。

 

彼らは「無料」と言う餌を撒き、釣りで言う「撒き餌」をして

引っかかってきた人間に商材を販売してそれで儲けます。

気を付けて下さい!

 

 

タダ(無料)程、怖いものはありません!

世の中、そんなに甘くはありませんですよ!!

 

 

★この情報は本物です、しかも「無料」でもらえます。



大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術

 

 

 

スポンサーリンク
 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ